子育て確からしさを考える

>> 一覧表示 | 全メニュー



いつからおとな?──で、遊びを考える
❖遊び/ゲーム、子ども/おとな、比較する 遊び ゲーム 要点 1 始め方 友達・場所・時間 ルールが必須 遊びは3つの要素で成立する 2 運用 遊び方は変更できる ルールに拘束される 遊びにはルール支配がない ...
“動物”として生まれた人間
❖地球に人類が現れるそのずっとずっと昔 バージニア・リー・バートン*1『せいめいのれきし』によると、今より6600万年の昔、地球に小天体がぶつかった。小さいとはいえ直径は10kmを超えていた。メキシコの地上部に激突。土煙が地球を覆って太陽を隠し、気温がさがり、動植物の世界に大変...
保育(子育て)の公理
地球上、人類であれば、文明・貧富を超えて、あるいは過去、人類の歴史においても、保育(子育て)に必要なことでは共通するものがあるのではないか。保育(子育て)は産み育てる側で使用する概念だが、地上に生まれた子ども自身に視点を移せば、彼らにとって、少なくとも新生児の為すことは、人類であ...
母に抱かれて人間となる 1 ヤノマミ編
ブラジル最北部に広がる深い森で暮らす先住民ヤノマミ族の出産、子育てに学ぶ。 以下、NHK取材班が2007年11月から翌年12月のあいだに行ったルポルタージュの書籍版、国分拓/著『ヤノマミ』(NHK出版 2010年)「女たちは森に消える」の章より。 ...
「ハートスケール」の提案
人は「感動」という名のものさしを持っている。ものさしだから計ることができる。そのものさしは人によって違う。 このものさしは、私(山田)が20代、子どもの遊びについて実践的な活動をしていたときに思いつき、指針としてきました。《「感動」という名のものさし》という語法は適切でない...
年齢による発達段階
年齢による発達段階 0歳から2歳半まで / あかちゃんは冒険家 ハートスケール生成期 … 0歳から1歳半まで ハートスケール育成期 … 1歳半から2歳半まで 2歳半から小学2年生まで / 一歩先の子育て 幼児前期 … ...
「九歳の旅立ち」を命名する
子どもの発達は階段状に進む。ゆっくり徐々にではなく、ある日突然、きのうまで出来なかったことが、ふと出来るような気がして実現する。「こども」が「おとな」になるときも、きっとそうだ。この変化に追いつけないのは、むしろ「おとな」だろう。(2017.4.15) ❖「こども」と「おとな」...

認知科学に基づく「記憶」と乳幼児
あかちゃんや幼いときのことをどうして覚えていないのか、やっとその疑問が解けてきたような気がしている。 ❖中学生、9年前の記憶 今年3月10日、中学生7人が神戸の某保育園を訪ねてきていた。卒業式があったその帰りだという。ちょうど9年前に卒園している。仲がいいなあと思いながら、即...
自然体験や遊びでの危険を回避するには
要点 「不快」と「危険」の区別をする。 事故は複数の原因があわさって起きる。 「こわい」を強要しない。励ますことがケガにつながる。 行動中の体力回復は早くみえても、翌朝に熱を出しやすい。 熟知した上で、危険を恐れず。 「不快」と「危険」の区...
海を子どもたちの遊び場に
JR須磨駅すぐ前の砂浜、30年以上"むかし"、今と比べて砂浜が狭かった。その後、養浜して砂浜を拡げた。景色は砂浜だが、以前とはまったく違う。粒子が粗くビーチに入り込む砂は痛い。昔は心地よかった。子どもは砂山をつくって遊ぶ。その感触が子どもを育ててくれる。かつて子どもを夢中にさせた...
食と家庭の崩壊 ── 2冊の本で考える
2冊の本──書評 岩村暢子 2003年『変わる家族 変わる食卓』 副題 真実に破壊されるマーケティング常識 岩村暢子 2005年『〈現代家族〉の誕生』 副題 幻想系家族論の死 子どもが変だ。奇妙な社会現象が...

保育の現場から「保育の質」を求めるには
給料が安くても(諦めているのではなく安すぎることが不当だが……)仕事が続けられるのは子どもに責任を感じるからだが、義務感以上に信頼を寄せてくれている子どもが愛らしく成長の歓びがあるから──多くの保育士はそう応えるだろう。「保育の質」は、保育士自ら求めている。 ❖いつ...
保育士養成校 担当科目「自然と外遊び」
講義概要(シラバス)実例 神戸こども総合専門学院 2017年4月~8月 講義の概要 子どもは遊ぶことで育つ──これを否定する者はまずいない。このことがあまりに自明すぎるためか、では「遊びとは何か?」と問われて的確に答えられるであろうか。一方、「自然」をかけまわる元気な子どもの...
「なにもしない」ことの意味
2013年4月24日の授業記録。 そもそも「なにもしない」ことがありうるか?という禅問答のような問いかけだが、先週4月24日の”寝転ぶ”授業はそのつもりだった。幼児期を含めて小中高およそ二十歳頃までは、子育てとか教育というもので何かしら課題を与えられ目標を持たせられ...
ハートスケールを育てる保育指導計画モデル
目的 ハートスケールの考え方に沿い、それを効果的に実践する。 保育士業務、指導案作成の一助となり、その負担を軽減し、子どもと向き合う時間を優先する時間を生む。 本モデルの最大特色は、月間基本テーマを漢字一文字で表していることにある。4月に「花」を...

あかちゃんは冒険家
子どもの遊びでは「××冒険ごっこ」と名付けたりしますが、「あかちゃんは冒険家」の「冒険」は、ごっこ遊びではありません。正真正銘、命懸けの行為。それが命懸けでなく、あかちゃんを微笑ましく迎え入れているのはどうしてでしょうか? そんなことを考えるテーマです。(2015.12.27) ...
一歩先の子育て
子どもの可能性は無限である──果たしてそうだろうか。わたしは字義通り「無限」と思う。無限をさらに超え、およそ自分の想像力をあてはめることがそもそも不遜だと考える。子どもがそこに一歩を踏み出す。無限の可能性を実現させるには、その「一歩」がまず必要なこと。(2015.12.27) ...
遊びのアイテム
今どきの「かん(缶)」は勢いよく蹴ると1回でへこんでしまう。だから、かんけりをするときはアルミ缶ではなくトマト缶のような鉄製がよい。逃げてよい範囲は決めなくてよい。あまり遠くに逃げたらこの遊びはおもしろくないからだ。かんけりは、まだまだ奥が深い……。(2015.12.30) ...
はさみの指穴には、どの指を入れるのか?
子ども用に限らないが、はさみの使われている場面で、「切れない」はさみがどれほど多いことだろう。幼い子どもたちは、折り紙程度ならそれなりに切れるようだが、紙が少し厚くなったり、長く切ったり、まるく切るとなれば、子ども自身が満足しているように思えない。 保育関係者にこの...

歴史に学ぶ ...人物相関図
網羅を目指したのではなく、関心を抱いた人物を並べていくと、19世紀から20世紀にかけて密になった。ジェンナーによって人類は天然痘を克服した。これを境に子どもはやがて死なない存在となり、子どもの未来を考えるようになった。社会の関心事に「子ども」が加わった。 ...
守屋光雄の「保育一元化の理念」 1979年
「保育の一元化」や、領域で分ける保育でなく「遊び」で統合する保育を、守屋光雄は、研究者である一方、施設長として、市の認可を得た上で実際に施設型保育でその実践を行った。1970年代の3年間、わたしは保育一元化施設・北須磨保育センターで働く機会を得た。(2015.12.27) ...