きょうは 2020年1月29日~2月4日 ふゆ4/6 ///早春2月19日から

思い出話 22 我が一桁断章
 自己の記憶として、ぼんやりではなく少しの傍証を探してでも事実らしいものを著し、一つは〈一桁〉つまり9歳までの精神史がその後にどのような影響をもつものか、もう一つはその時代を忘れないようにしたいと思って、このシリーズを始めた。1957年から1960年に相当する。戦災復興...
〈予告〉フィールド型寺子屋:帆塾 2020.4~
スタッフ募集|ボランティア / 体力少々必要です フィールド:芦屋市を中心に、その周辺で 呼びかけ  小学低学年を〈3年ほどかけ〉六甲山最高峰を目指して登山するためにお手伝いを探しています。ボランティアでしかも体力を必要とします。芦屋の子どもたちが中心...
子どもの発達に必要な要素を12の漢字で表現
 4月に花をあて、3月に光をあてている。 4月に桜の花が開きやっと暖かくなってくる。草木の芽吹きが盛んになり、常緑樹は落葉盛んとなり新緑の季節となる。 毛虫がぞろぞろ這い出てくる頃、野鳥は子育てに忙しい。命が育つとき。 ──というふうに、考えた。季節は進み、2月は寒い。...
涙の跡とレジリエンス
 涙は自分のために流す(人の為には流さない)。これは、私の持論です。この解題は別な機会に。  涙で気持ち(心)が癒される。幼児は、泣くことで立ち直れる。それには条件があります。まず、しっかり泣くことです。と言いながら「しっかり+泣く」には形容矛盾があるでしょう。泣いている...
[提案] 学制
0歳~小2 ……プライマリースクール小3~中3 ……ジュニアスクール高1~3 ……ハイスクール  スクールと名付けているけれど、いわゆる「学校」は制度としてむずかしくなる。教育の必要性はなくならないと思うけれど、「学校」の枠組みで考えないでよいと思う。公教育か私的(公教育...
伊丹万作 / 戦争責任者の問題 1946年
『映画春秋』(1巻1號)昭和21年8月号/所収出典:青空文庫より赤字は、再録者による。  私はさらに進んで、「だまされるということ自体がすでに一つの悪である」ことを主張したいのである。(伊丹万作)  最近、自由映画人連盟の人たちが映画界の戦争責任者を指摘し、その追放...
子供、子ども、子どもたち、等々の表記について
 保育などkodomoと関わる仕事に長年携わってきた人たちでも「kodomo(子供等)ってどう書いたらいいの?」と疑問に思い、的確に答えられないことは多い。「kodomoはお供ではありません」と「供」の使用を好ましいとしない主張を耳にしたこともある。そのためだろうか、保育の世界...
「なにもしない」ことの意味
2013年4月24日の授業  そもそも「なにもしない」ことがありうるか?という禅問答のような問いかけだが、先週4月24日の”寝転ぶ”授業はそのつもりだった。幼児期を含めて小中高およそ二十歳頃までは、子育てとか教育というもので何かしら課題を与えられ目標を持たせられ正...
あやとり
川をつくる指、親指と〈人さし指〉 1950年 長野県(現在の阿智村)首藤功/編 2016年『道具からみる昔のくらしと子どもたち』農文協 p24──関西では「糸取り」というこのあそびは、平安時代からあって元禄時代に はやり、糸取り用の糸ひもまで作られた。──本書より...
ツバメとスズメ
 むかしね。 ツバメとスズメは姉と妹だった。 あるとき、村のお祭りだというので、ツバメはお化粧したり、どの着物をきようとか、どの帯をしめようかと大さわぎしていた。 妹のスズメは、まめまめしく家のなかを片づけたり、ごちそうのしたくしていたと。「ああん、やだやだ、やっぱりあっちの帯...
天井川水系・神戸市須磨区
須磨アルプス南山麓  私(山田利行)が初めてここを"発見"したのは、1970年代前半です。須磨アルプス「馬の背」付近から南へ下れば市街地に出ると見当をつけ、この水系に出会いました。急な岩場を下り容易に水系を見つけました。……と、まもなく、次の写真にでくわしたのです。 ...
松宮満の見聞読録
「住民投票」が原発を負かした実例
〈民主主義〉と〈まちづくり〉の過激な実例 『デモクラシー・リフレクション』伊藤守 / 渡辺登 / 松井克浩 / 杉原名穂子 :著リベルタ出版 2005年  日本海に臨む新潟市の西に隣接する「巻町」(まきまち・人口3万人) この地名に記憶があるでしょうか? 2005年...
民話(昔話等)再考
 1960年代の世相で、子育てを変質させた"事件"とは何だったのか。それを考えるヒントに民話(昔話等)の再考をしている。神宮輝夫『児童文学の中の子ども』(日本放送出版協会1974年)を読みながら、かつて30年以上前はこの種の本をありがたがってよく読んだ。"よい本"を選ぶテキスト...
「こども」とは、だれか?
 家族4人。夫婦と子ども2人。その妻曰く「うちには3人の子どもがいる」と。その一人増えた子どもは夫を指す。これはジョークにしても、何をして「こども」というのだろう。幼児も中学生も親からすれば「こども」には違いない。小学1年生と6年生とでは「こども」だが同じに論じられない...

黄金に輝く麦畑と、手前 田に水入る。兵庫県稲美町。走れ!現代の童。2019.5.19

▶ more …… >>