きょうは 2019年10月21日~10月22日 アキ2/7 ///晩秋11月27日から

日本の人口推移を、歴史として読み解く。
『人口から読む日本の歴史』読書ノート 鬼頭宏/著 2000年 講談社学術文庫鬼頭宏:1947年生まれ。専攻は日本経済史、歴史人口学『人口から読む日本の歴史』執筆者(同)『日本二千年の人口史』(1983年)を底本  〈少子化〉が社会問題の最中、そして私が課題と...
あかちゃんの〈指さし〉
 『指さしと相互行為』(安井永子・杉浦秀行・高梨克也/編、ひつじ書房 2019年)を兵庫県立図書館でみつけ、「子どもの発達研究における指さし」の章を読んだ。本書の〈指さし〉とは、乳幼児だけでなく、おとなの同じ行為をも示す。 あかちゃんの〈指さし〉については、過去、発達研...
民話(昔話等)再考
 1960年代の世相で、子育てを変質させた"事件"とは何だったのか。それを考えるヒントに民話(昔話等)の再考をしている。神宮輝夫『児童文学の中の子ども』(日本放送出版協会1974年)を読みながら、かつて30年以上前はこの種の本をありがたがってよく読んだ。"よい本"を選ぶテキスト...
20分カード学習法 ── 集中する力をつける
後段に、「遊び」と「学習」の連続性を記す。  1年生は勉強が好きです。「新しい」を覚えることに希望や夢があるからです。ほめられると嬉しいこともあるでしょう。これを活用して、1年生のときから勉強する態度に必須な「集中する心」のきっかけづくりをしておきましょう。 ※ 1...
「なにもしない」ことの意味
2013年4月24日の授業  そもそも「なにもしない」ことがありうるか?という禅問答のような問いかけだが、先週4月24日の”寝転ぶ”授業はそのつもりだった。幼児期を含めて小中高およそ二十歳頃までは、子育てとか教育というもので何かしら課題を与えられ目標を持たせられ正...
「住民投票」が原発を負かした実例
〈民主主義〉と〈まちづくり〉の過激な実例 『デモクラシー・リフレクション』伊藤守 / 渡辺登 / 松井克浩 / 杉原名穂子 :著リベルタ出版 2005年  日本海に臨む新潟市の西に隣接する「巻町」(まきまち・人口3万人) この地名に記憶があるでしょうか? 2005年...
「こども」とは、だれか?
 家族4人。夫婦と子ども2人。その妻曰く「うちには3人の子どもがいる」と。その一人増えた子どもは夫を指す。これはジョークにしても、何をして「こども」というのだろう。幼児も中学生も親からすれば「こども」には違いない。小学1年生と6年生とでは「こども」だが同じに論じられない...
あやとり
川をつくる指、親指と〈人さし指〉 1950年 長野県(現在の阿智村)首藤功/編 2016年『道具からみる昔のくらしと子どもたち』農文協 p24──関西では「糸取り」というこのあそびは、平安時代からあって元禄時代に はやり、糸取り用の糸ひもまで作られた。──本書より...
伊丹万作 / 戦争責任者の問題 1946年
『映画春秋』(1巻1號)昭和21年8月号/所収出典:青空文庫より赤字は、再録者による。  私はさらに進んで、「だまされるということ自体がすでに一つの悪である」ことを主張したいのである。(伊丹万作)  最近、自由映画人連盟の人たちが映画界の戦争責任者を指摘し、その追放...
ツバメとスズメ
 むかしね。 ツバメとスズメは姉と妹だった。 あるとき、村のお祭りだというので、ツバメはお化粧したり、どの着物をきようとか、どの帯をしめようかと大さわぎしていた。 妹のスズメは、まめまめしく家のなかを片づけたり、ごちそうのしたくしていたと。「ああん、やだやだ、やっぱりあっちの帯...
子供、子ども、子どもたち、等々の表記について
 保育などkodomoと関わる仕事に長年携わってきた人たちでも「kodomo(子供等)ってどう書いたらいいの?」と疑問に思い、的確に答えられないことは多い。「kodomoはお供ではありません」と「供」の使用を好ましいとしない主張を耳にしたこともある。そのためだろうか、保育の世界...
「記憶」で、保育は、できない。
 保育士養成校で教えていたときのこと。学生はまだ現場を経験していない。それぞれが子どもを想像している。「君たちは、自分の記憶をなんとか思い起こそうとしているんじゃないか?」 その記憶は4歳までがせいぜいだろう。3歳の頃を覚えているかもしれない。記憶がどれほど確かか疑問だ...

黄金に輝く麦畑と、手前 田に水入る。兵庫県稲美町。走れ!現代の童。2019.5.19

▶ more …… >>