「 94 My opinion 」一覧

もつことができるのは「やさしい気持ち」

もつことができるのは「やさしい気持ち」

 「勇気をもちなさい・持ちなさい」のフレーズを耳にするたび、「勇気」なんて「持てない」と密かに反撥する私がいる。勇気って、なんだろう。高いところから飛び降りることか? それなら、度胸で言い換えられるし、度胸のほうが適していると思う。  「どきどきする」と3歳にもうすぐなる...

「こども」とは、だれか?

「こども」とは、だれか?

人間の一生こどもあかちゃん(乳児)…誕生~2歳6か月(2歳半まで)幼児…2歳7か月(2歳半)~4歳12か月(4歳満了時まで)こども…5歳~小学4年生(9歳満了時まで)または、5歳~小学2年生移行期…小学3年生・4年生(9歳満了時まで)4年生の途中で10歳になるおとな小学5年生(...

だれの子でもない。親の子。

だれの子でもない。親の子。

My opinion  卒園式、入学式の季節になると、いつも思うことがある。  保育園の卒園式ならば、先生たちあるいは親はまだ乳を与えていたあかちゃんのときの記憶がよみがえる。それが今、目の前にすっかりたくましくおしゃべりな入学前の子らを前に感慨なおももちになる。な...

連載:「保育」から「子育て」へ

連載:「保育」から「子育て」へ

この連載は、完結していません。下段に記述した日付によって進行中です。 山田利行 2019.1.28.~ 目次 はじめに ──「子育て」に目覚めてはじめに その2 ── 子育てと「規範」両手に、砂を盛る大家族を考える父親の役割 1: はじめに ──「子育て...

立春・節分・鬼

立春・節分・鬼

 「2月4日頃」は立春だ。立夏・立秋・立冬とつづく。それぞれの前日は「節分」だ。節分は年に4回あるわけだが、立春の前日だけが年中行事で現在に伝わっている。気温でみると、立春と立秋にピークがある。寒さと暑さのピークだ。「立○」は二十四節気の一つ。二十四節気は中国大陸伝来で...

特殊から普遍へ

特殊から普遍へ

My opinion  20代からマスコミの取材を受けることはたびたびあった。そのたび記者から飛び出す質問、言葉は「ユニーク」だった。聞き飽きるほどだったが、ユニークと表現するしかなかったかもしれない変わり者だった。褒め言葉だったのかもしれないし、受け入れたものの、反撥も...

〈知る・知らせる〉から始めよう

〈知る・知らせる〉から始めよう

My opinion  「王さまの耳はロバの耳」の教えにあるように、知ってしまったことは、人に話したいものです。良い話か悪い話かは関係ありません。情報をみんなで共有し、善悪の判断が必要なときは、みんなで考えればよいということです。 2019.2.1