いろいろなことに良い刺激をうける書店

風船かずら(主婦/神戸市)

ヒントブックスさんの家にお伺いすると黄色いインコの「みーちゃん」が飛んできて、飛び回り、出迎えてくれます。とてもかわいいです。

定期購読・注文していた本を、月1回位 お邪魔して貰いに行くようになって、3年近くになります。ちょうど、ヒントブックスの近くの病院へ通うことがあって、その帰りに寄っています。

また、私どもの近所の会員さんの分も預かって、それを届けています。たまに、お天気のいい日には、明石大橋の見える大蔵海岸へ、ヒントブックスに明石から自転車で20分かかりますが、来て貰ったりして、本を受け取ることもあります。

本屋さんを始める前の、「出会い塾」をしていた頃、「はじめての自然観察会」に参加して、山田さんに出会ったのです。このときに教えて頂いたお蔭で、鳥好きになり、時々、バードウォッチングを楽しんでいます。それからの長いお付き合いです……山田さんご夫婦に魅了されて……。

20年前、当時、店舗を持たずに本屋さんを始められたことは、今で言えば、ベンチャー起業ですね。一人一人にあった、小さなことでも、レファレンスサービスされ、行きとどくことをモットーにされた書店で、良い意味でのこだわりを持ったお店です。

本を注文して買うだけでなく、自分で考えられない情報を「さーがす」や「メールマガジン」で得る事が出来、それを紹介している文を読むことによって、物の見方・考え方を教わることが出来ます。

これからも、本を通して、いろいろなことに良い刺激をうけるような書店であるよう、期待し続けています。


ヒントブックスから、ひとこと

だいたい月1回くらいのペースで、風船かずらさんはヒントブックスへ寄ってくださいます。昼間はリビングルームが仕事場に早変わり。発送する本や「さーがす」、その他いろいろと乱雑に散らばっていますが、気にかける様子もなく、世間話をしながら発送作業もときどき手伝ってくださいます。

朗読ボランティアを始めて5年位。私たちにも聞かせてくださいます。デイサービスに呼ばれてお年寄りに、紙芝居・手話付き歌・対面朗読・小さな劇、それから車椅子に座ったままでできる簡単な体操等を企画して実践しているそうです。

初心者の頃は15分程度だったものが、今では45分から1時間の実演。そのためにはいろんなことに興味や関心を持ち、アンテナを多方面にあげ、明るい気持ちで毎日を過ごすように心掛けているということです。

そうそう明石映画サークルの会員にもなってくださって、一緒に映画を見る楽しみも増えました。気さくなおつきあいをおおきにです。これからもよろしくね。

2002.12.1 / テルコ

お役に立ちそうだったら……