子供、子ども、子どもたち、等々の表記について

保育などkodomoと関わる仕事に長年携わってきた人たちでも「kodomo(子供等)ってどう書いたらいいの?」と疑問に思い、的確に答えられないことは多い。「kodomoはお供ではありません」と「供」の使用を好ましいとしない主張を耳にしたこともある。そのためだろうか、保育の世界では「子供」の表記は少ない。

大野晋編(2011年)『古典基礎語辞典』に「こども/子供」の見出しがあり解説は次のとおり、「コ(子)に、複数を表す接尾語ドモ(供)が付いた語。」(赤字は筆者)とある。

辞典こども同辞典の見出し「こ/子」は示唆に富む。──小さい意を表す接頭語コ(小)と同根。古くは親から見た、息子や娘の意。コ(子)が大人に対する小児の意を示すようになったのは新しく、例も少ない。大人から見た小児はワラハ(童)・チゴ(児)という。──引用終わり(赤字は筆者) さらに見出し「こ/小」を探求するのが好ましいが、ここでは省略する。

辞典ども

では、「ドモ」を調べてみよう。「トモ」ではなく「ドモ」と濁音になっていることに注意して同辞典で調べると、「ども/共」が見つかった。──トモ(供・友)から転じた語。いつも付き従い行動するもの、並んで行動する仲間の意から、同類のものが複数あることを示す。──引用終わり(赤字は筆者)。語釈の筆頭に「人の複数を表す」とある。

国語国字問題をここでするつもりはなく、実用的な表記はどうあればよいかという道筋をここで検討したい。

仮名で書くか漢字で書くかの選択より以前に、「音=ども」は複数をあらわす。漢字表記以前にkodomoは複数であり、しかも、「いつも付き従い行動するもの」ということである。kodomoの語の成り立ちからして常に複数としてとらえられ、固有の人格として認識されてこなかった、ということだろうか。

kodomo一人一人を分けて人格として認め、個を尊重するという認識でkodomoに向き合うとき、kodomoをどう表記・表現すればよいのだろう。

こども

童や児で表現されていた過去は、もしかしてkodomo一人一人の人格が区別して認められ大切にされ(あるいは、そうでないかも)、「コ+ドモ」と表記する場合は個々を区別しないということか。

「子供・子ども」どちらも複数であり、どちらも「お供」である。お供でないkodomoを表記する方法は「子」と漢字1文字で書けばよい。複数表現のときは「子たち」「子ら」という表記法がある。「子どもたち」という表記は「子ども」+「たち」と複数を重ねていることに気づくだろう。

言葉にはこだわりながらも、理解や認識が伴えば、表記は自由であって拘束されるものではないと私は考えている。だから、kodomoをどのように実際に(実用的に)表記するかは自由である。だが、kodomoとのかかわりで専門性を問われる立場にあるとき、kodomoの表記・表現は、いつも悩み続ける課題であってほしい。


※付記 ===
表記「子ども達」もよく見られる。常用漢字表の「付表」では「友達/ともだち」の表記が認められており、「達」は「友達」において「だち」の読みが与えられている。正確には「友達」には「ともだち」の読みが与えられていて、「とも+だち」と分けて認められているのではない。さらに、「達」は、常用漢字表で認められている読みは「たつ」のみ。したがって、「こどもたち」を「子ども達」と表記することは、内閣告示としては誤りである。公用文でない限り、一般に慣例としての使用が誤りというわけではない。

大幅加筆・修正 2019.9.28
初稿 2015.2.15

山田利行、記す

子どもとザリガニ釣り

ザリガニ釣りに夢中 2015.2.16 県立明石公園