ラチョフ『てぶくろ』

ぎゅうぎゅうづめ

エウゲーニー・M・ラチョフ(絵) うちだりさこ(訳)
絵本『てぶくろ』
1965年 福音館書店

 堅い表紙を開くと、雪道に落ちている手袋の片方が描かれています。子どもの目には、とっても大きな手袋に見えることでしょう。
 さむいさむい日でした。そこへ、ねずみが1ぴきとおりがかり手袋を見つけ、もぐりこみました。
 そこへ、かえるが1ぴき はねてきました。そして、かえるも手袋に入れてもらいました。
 そうやって、うさぎ、きつね、おおかみ、と、とおりがかった動物たちは入れてもらいます。これだけの動物たちが、ちいさな手袋に入ってしまうのですから、どうなっているのでしょう。
 もう満員なのに、いのししも入れてくれという。ぎゅうぎゅうづめのところへ、最後は、くまも入りました。
 動物たちが何をしているのか、どんなようすなのか想像すると楽しい。さむいさむい冬にこの絵本を読むと、あったかくなりますね。
 さて、満員の手袋は、むくむく動いていたんですって。
 手袋を落としたおじいさんはもどってきたのですが、ひと足早く、連れていた犬のほうが先に手袋を見つけました。
 動いている手袋にむかって犬はほえました。「わん、わん、わん」。
 動物たちは逃げ出して、からっぽになった手袋をおじいさんは拾いあげました。手袋のお話、知っているのは だあれだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存