セルバンテス『ドン・キホーテ』

  • 牛島信明(編/訳)
  • 以下、岩波少年文庫版より

 舞台は、スペイン中部のやや地中海よりにある村「ラ・マンチャ」(註)

 時代は──、作者のセルバンテスが1547年に生まれ、1616年に亡くなったのですが、その頃は、スペインが世界に覇権を及ぼした絶頂期であり、一方で、それが崩壊へ向かったときでもありました。

 さて、物語の主人公の男に登場していただきましょう。
 やがて50歳になろうとしていたその男は、騎士道物語をむさぼるように読みふけり、やがて夢と現実の境がわからなくなり、ひいじいさんが着ていた鎧(よろい)とかぶとを掃除して身につけるようになります。
 男には、生まれながらの名がありましたが、勇敢な騎士に似合う名前を考え、「ドン・キホーテ」と名のることにしました。生まれ故郷の名をつけたすと格好良くなるので、正式な名は「ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ」と名のることにもしました。
 男が数々の騎士道物語を読んで得たことは、けらいを従え、馬にまたがって世界中を歩きまわり、世の不正を取り除くため、危険に身をさらし、克服し、手柄を立てることでした。
 それで、正直者だがちょっとばかり脳みその足りない男=サンチョをくどいて従者にし、自らのやせ馬をロシナンテと呼ぶことにしました。

 勇敢なる騎士ドン・キホーテはロシナンテにまたがり、従者サンチョはロバをひきつれ、いよいよ正義の旅が始まります。
 本書は、原作のおよそ6分の1です。『ドン・キホーテ』を原作で読むとすれば、長大な旅に出かけることになりますが、本書の編者はいくつかの方針をあげて、これを短縮したものです。(全訳ものは全6巻で岩波文庫にあります)

 10ページ程度で1話になる物語が、全部で36話、収められています。第1話は先ほどあげた我が勇敢なる騎士の名前に由来する話です。そして、第2話では、さっそく最初の冒険が始まるのです。

 ふたりの行く手に、風車が30から40、立ち並んでいるのが見えます。ドン・キホーテはサンチョにこう言うのです。

「ほら、あそこを見るがよい。三十かそこらの、ふらちな巨人どもが姿を現したではないか。拙者はやつらと一戦をまじえ、やつらを皆殺しにし、やつらから分捕ったもので、おまえともども裕福になろうと思うのだ。」

 そして、サンチョは、こう言います。

「どこに巨人がいるだね?」
「しっかりしてくだせえよ、だんなさま」

 正直者のサンチョの意見を無視して、ドン・キホーテは、槍を小脇にかかえ、ロシナンテを全速力で駆けさせ、風車に突撃してしまいます。

 ドン・キホーテの行く手に見えるものは、すべて騎士道物語の世界でした。サンチョはそのたびに異を唱えるのですが、なかなか聞き入れてもらえません。そして、サンチョもときには物語に入ってしまうこともありました。

 ドン・キホーテは騎士道物語を完璧に記憶しているというか身についてしまっているので、その紳士ぶり、正義感は、浮世離れしているとはいえ、教訓的です。そうした物言いはそこかしこにあるのですが、サンチョが島の領主になるという場面で、ドン・キホーテが忠告します。

 まず第一に、サンチョよ、神をおそれねばならぬ。なんとなれば、神をおそれるところに知恵が生まれ、すぐれた知恵をもってすれば、何事においても過(あやま)つことはないからじゃ。 第二には、絶えずわが身をふり返り、おのれを知ろうとつとめねばならぬ。もっとも、これは人間にとってもっともむずかしいことであるがの。おのれの身のほどを知ってさえいれば、牛と同じ大きさになろうとしたカエルのように、ふくれあがることもないのじゃ。もしおまえが、思いあがり、ふくれあがるようなことがあったら、故郷の村できたないブタの番をしていた時のことを思い起こすがいい。

 本書での最終話=第36話で、ドン・キホーテは死を迎えることになります。勇敢な騎士として死ぬのでなくもとの男の名にもどるのです。

 ドン・キホーテの物語誕生より歴史を1世紀遡れば、スペインはイスラムの世界でした。アラブとの文化の融合があったということでしょうか。

 ともかく読んでいる間じゅう、あきれてしまうか、笑ってしまうか、あるいはときにドン・キホーテ(または、サンチョ)の口上に感心させられるか、しているでしょう。サンチョの名脇役ぶりもいいですよ。

 親愛なる諸君が拙者の名のみ知って物語に興じないのはかつての愚かなある書店主の行いに等しく、わずかこの一書で勇敢なる騎士ドン・キホーテを知るなれば最愛の友人を一人得るものと存ずる。


註:「アラビアン・ナイト」の物語の語り口に似ているなあと思いながら読んでいたのですが、「ラ・マンチャ」という地名はアラビア語なんだそうです、『ちくま』2005年11月号で、清水義範がこのことを書いている偶然に出会ってしまいました。

山田利行 2005.10.28記す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存