「こども」とは、だれか?

こんにちは

 家族4人。夫婦と子ども2人。その妻曰く「うちには3人の子どもがいる」と。その一人増えた子どもは夫を指す。これはジョークにしても、何をして「こども」というのだろう。幼児も中学生も親からすれば「こども」には違いない。小学1年生と6年生とでは「こども」だが同じに論じられない。
 野外体験イベントで「こども」向けとあっても、幼児には真似事しかできない。「こども」の対象化はもっと正確であってほしい。

こども…5歳~小学4年生(9歳満了時まで)

  • 人間の一生
    • こども
      • あかちゃん(乳児)…誕生~2歳6か月(2歳半まで)
      • 幼児…2歳7か月(2歳半)~4歳12か月(4歳満了時まで)
      • こども5歳~小学4年生(9歳満了時まで)
        • または、5歳~小学2年生
        • 移行期…小学3年生・4年生(9歳満了時まで)
          • 4年生の途中で10歳になる
    • おとな
      • 小学5年生(10歳)から
      • 詳細不明

 この表(分類)は大胆、滑稽であることは承知の上です。示している数値が検証に耐えうるかは定かではありません。私なりに検証したものは以下のとおりです。

 「2歳6か月」「2歳7か月」のように区切りを明確にした理由は、区分の「存在」を主張するためです。子どもの発達を観察して、あるいはその実際で、こうした数値で制限されることはありません。個人差は当然あり、この差は数か月程度でなく年数の幅をもつかもしれないし、そもそも区分が明確でないかもしれません(ここまで言うと、先の「存在」と矛盾しますが)。

 発達を考える手がかりとしてほしいためです。私が主張したいことは、小学5年生(10歳)は「おとな」だ、ということです。そして、移行期の存在です。「こども」とは、「5歳から小学4年生まで」とわずか5年間(または3年間)しかないということです。

 このことが、私の勝手な決めつけか、子どもの発達を、あるいは、我が子の子育てを考えるヒントになるか、親にとっては子育てからの解放になるか、議論になればうれしい。

山田利行 2019.3.27記す
▶my Opinion

連載:保育から「子育て」へ
 働いているから保育園に預ける、3歳になったから幼稚園に行かせる、最近では、働いている・いないという親の事情にかかわらずに利用できる「認定こども園」があります。こうした場合を「保育」とし、家庭で親が育てる風景を「子育て」と、ここでは使い分けます。「保育」と「子育て」で違...
“The Renaissance of Childhood” Project
 1970年代当初、"団地"住まいの家庭で育てられる子どもに"鍵っ子"というレッテルが張られた。当時、公害訴訟の判決が次々と下され、環境への関心が急速に高まり、破壊されてゆく自然を守ろうという運動が全国に起きた。すべておとな社会のことだ。好ましいことだが、その批判の渦の...
子育ての確からしさを考える ─ 理論 ─
 かつて、それは戦前と言ってよいと思うが、子どもは大家族で育てられた。敗戦後、新しい憲法によって、そして、その後の復興・経済成長に伴って、子どもは核家族で育てられるようになった。おとな中心の社会形成のなかにあって、子育てに必要なことが後回しになってしまった。だだをこねる...