リヤカーマン | 冒険スピリッツ 10か条

  1. 立ち止まっていても何も動かない。
  2. 自分に出来ることは小さいことでも少しずつやってみる。
  3. 先が見えないと不安だが、だからこそおもしろい
    • (先の見えない人生を選ぶ)
  4. 一瞬の大きな喜びが明日への力となる。
  5. 決断のとき、心の比重の重いほうへ行け
    • (何が起ころうと悔いが残らない)
  6. 自然は自分でも知らなかった自分を教えてくれる。
  7. 今日何かいいことあるかもしれない、そう信じて朝の一歩。
  8. 耐えて耐えて悲しくなっても耐えていけ、またいいことあるから。
  9. 一つのことをやりとげれば新しい目標が見えてくる。
  10. 野に食べ野に宿り野を歩く野人になれ
    • (どこでも生きていける)
  • リヤカーマン 地球一周4万キロを歩いた男
  • 永瀬忠志
  • 2006年 毎日新聞社
  • 目次
    • 南米大陸縦断 2003
    • 日本列島縦断 2004-05
    • リベンジ南米 2006

プロフィール | 永瀬忠志
  • 1956年2月15日 島根県出雲市生まれ
  • 1974年3月 島根県立出雲工業高等学校機械科卒業
  • 1978年3月 大阪産業大学工学部機械工学科卒業
  • 2006年2月 「2005年 植村直己冒険賞」を受賞
  • 1974年 自転車で日本一周 7500km。
  • 1975年 リヤカー「大佐エ門」を引いて、日本縦断 3200km
  • 1978-79年 リヤカー「田吾作」を引いて、オーストラリア大陸徒歩横断 4200km
  • 1989-90年 田吾作3号を引いて、アフリカ大陸・サハラ砂漠を歩く 11100km
  • 2003-04年 田吾作4号を引いて、南アメリカ大陸を縦断 8800km
    • ほか……

山田利行 2019.5.28記す
▶子育ての確からしさを考える