愛7 ラブリーセブン

“The Renaissance of Childhood” Project

愛7

  1. あかちゃんがいる。
  2. 抱く・ふれあう
  3. 常に、語りかけ、聞く
  4. ほほえむ
  5. ゆっくり、そして、はやく。ときには、とどまる
  6. はじめの第一歩
  7. みとめる、一緒に歩く
  • あかちゃんがいる。
    • 生を受け、家族に加わり、家族がふえる。そのことがハッピーだ。
      • 素朴に、あかちゃんの「存在」が、親、きょうだいに及ぼす意味を受け入れよう。
  • 抱く・ふれあう
    • あかちゃん、乳児は、メッセージを受けとめてと願っています。
      • 「しつけ」はどこかに置いて、まずは受けとめることからです。
  • 常に、語りかけ、聞く
    • 目をあわせて、お話ししてね。声が聞こえたら、ふりむいて。
      • 何をするにしても声かけ、そして身を傾けて聞く。
  • ほほえむ
    • 怒った顔はこわい。うれしいときは黙っていてもわかるよ。
      • 豊かな表情に迎えられて能動的な活動が育まれる。表現する能力の基礎となる。
  • ゆっくり、そして、はやく。ときには、とどまる
    • 自分で歩きたい、そう思っている子どもは多いはず。
      • 子どもとおとなのペースはとても違います。ゆっくりでいいなら歩きたい。
  • はじめの第一歩
    • 外の空気、土、水、草木、初めての生きもの体験。はらはらどきどき。
      • 感じる心、世界がひろがってゆく。たくましくはばたく一歩でもあります。
  • みとめる、一緒に歩く
    • 「そうね」とうなずき、共感することを身につけましょう。
      • 幼いからだけでなく、一人の人間が育つさまを受け入れ、ともに育ち合おう。

上記、7つの項目を暗記するほどに熟読し、その意味するところを理解し、実践が伴うことで、子どもの将来を期待できるものにしたいとする試み。

山田利行 2018.9.15提案

  • 改訂履歴
    • 2018.11.2 修正
    • 2018.9.15 初稿