土を集める子どもたち

土を集める子どもたち
1月28日(2015年)の寒い朝、気温は氷点下3度。石巻、ひろぶちの子どもたちは元気だ。ダウンジャケット、手袋、あったかブーツを身につけ園庭で遊ぶ。東から昇った朝日が子どもや遊具を照らし明るい影をつくっていた。写真にとらえた時刻は8時56分。子どもはどんなに寒くても遊ぶのだ。

手にするのはプラスチック製スコップ。園庭の土を集めようと、身をかがめ、スコップに入ってくる土の勢いを手に感じていた。手前に小さな土の山が見える。集めた土をスコップから払い落としながら、「工事中だよね」と”共に働く同僚”に声をかけていた。

土を集める仕事だから姿勢は自然と低くなる。子どもの目線はどこに向かっているのだろう。スコップの先か、それとももっと向こう行く方向の先だろうか。そして、スコップに掻き込まれてくる土の勢いを楽しんでいるのだろう。

大人たちの目に映る光景は幼い子どもが無邪気に土を集めて遊んでいるふうにしか見えないかもしれないが、子どもはもっと真剣なはずだ。「工事中だよね」と同意を求めた男の子には”目標”というものがあるのかもしれない。そんなまなざしを感じた。

おとなは考えるとき、そのとき姿勢はどうなるか。立ったまま話し合っていれば、「まあ座れよ!」と声かけするだろう。叱られたらうなだれる。うなだれなかったら、もっと叱られる。頭を下げて考えている振りもする。難しい問題を解くときは頭に手をやる。なかには空を見上げて一呼吸することもあるだろうが、とにかく人は考えるとき頭を低くするのだ。それは、姿勢を丸くすると言ってもよい。

子どもたちの動きは立ったり、座ったり、走ったり、なかなかじっとしていない。砂場で遊んでいるとき、目的の定まった子どもはたいていはしゃがんでいる。鬼ごっこで走って逃げている間はなかなか”作戦”を考えられないけれど、隠れて丸くなっているときに次の策を考える。

そうなんだ。遊んでいる姿勢のかたちで、丸くなっているとき、姿勢が低いとき、そのかたちのときは子どもが考えているときなんだ。エネルギーをただ発散させているだけではない。幼児という4歳、5歳の子どもは、おとなと同じだけの考える時間を消費している。

では、子ども(幼児)は何歳のころから考えるという姿勢をとるようになるのだろうか。あるいは、この課題はどのように解けばよいのだろうか。

※広渕保育所にて(石巻市広渕)

2015.2.7