ムカデとヤスデとゲジゲジ

 〈ゲジゲジ〉は正式には「ゲジ」と一つだけです。二つ重ねて呼ばれることがふつうですね。ムカデ、ヤスデ、ゲジゲジ、どれも足がたくさんあって、怖がられます。山小屋や田舎の家で寝ているとき、蒲団に入り込んできた虫にかまれた、という話を聞かされることがあります。その虫は、ムカデでしょう。けっこう痛いそうです。これらの比較や危険性については、こちらのリンクが参考になります。

昔話「むかでのおつかい」

 きらわれ者の「むかで」ですが、伝承されているお話しはおもしろいものがあります。

  1. 『くつがじまんのむかでさん』
    • 松谷みよ子/文 ひらやまえいぞう/絵
    • 童心社 1990年
  2. 「むかでのおつかい」
    • 『たっぷり76話! 語り聞かせ 日本のむかしばなし』所収
    • ひかりのくに 2007年

 お話しは少しずつ異なりますが、「むかで」の役割はほぼ同じです。

 虫たちが集まって遊んでいました。ちょうちょう、はち、あまがえる、そしてむかでは(1)の本、はち、こおろぎ、おんぶばった、そしてむかでは(2)の本。楽しく遊んでいると、(1)では、はちの、(2)では、おんぶばったのおなかが痛くなった。お医者を呼ぼうということになって、むかでが足が速いだろうということで呼びに行く役を引き受けた。しかし、いつまでたってもお医者が来ない。どうしたんだろう、探しに行こうと玄関に向かうと、そこに、むかでがいました。足がたくさんあるので、まだ靴を入っているところだって。

山田利行 2019.6.27記す
▶はじめて出会う〈ともだち〉自然
▶野外活動で遭遇する動物の危険