ツバメとスズメ

 むかしね。
 ツバメとスズメは姉と妹だった。
 あるとき、村のお祭りだというので、ツバメはお化粧したり、どの着物をきようとか、どの帯をしめようかと大さわぎしていた。
 妹のスズメは、まめまめしく家のなかを片づけたり、ごちそうのしたくしていたと。
「ああん、やだやだ、やっぱりあっちの帯がいい。スズメや、もういっぺん、帯をしめ直すから手伝っておくれ」
 姉さんのツバメにそういわれると、ハイハイといって、手伝っていた。
 そこへ、かあさんが危篤だから、すぐに帰れって、しらせがきて、
「はよ、いかなくては」
 スズメは青くなって、ふだんぎのまんまでとるものとりあえず、とんで帰ったと。
 ところがツバメは、
「こっちの帯しめてから、口紅もつけてから、すぐいくから」
って、あれもこれもと、すっかりきれいに支度してから、かあさんのところにかけつけた。
 けど、かあさんはもう死んでいた。
 それでツバメは、今は土だの虫だのばかりついばんでいるのだと。
 スズメはかけつけたおかげで、冬、雪降ってさむいときでも、米三粒は落ちているそうな。
 ツバメはくやしくて、ほれ、いまもこんなふうに鳴いている。

  スズメラエエコトヨ コメクウテ
  ツバメラツチクウテ ムシクウテ
  クチシブーイ クチシブーイ

 早口でいうてごらん。ツバメの鳴き声になるから。

 親孝行せにゃいかんよ

  • 松谷みよ子『読んであげたいおはなし(上)』
    • ちくま文庫 2011年
    • p152

山田利行 2019.6.28記す
▶はじめて出会う〈ともだち〉自然

お役に立ちそうだったら……