日本の人口推移を、歴史として読み解く。

『人口から読む日本の歴史』読書ノート

  • 鬼頭宏/著 2000年 講談社学術文庫
    • 鬼頭宏:1947年生まれ。専攻は日本経済史、歴史人口学
  • 『人口から読む日本の歴史』
    • 執筆者(同)『日本二千年の人口史』(1983年)を底本

 〈少子化〉が社会問題の最中、そして私が課題としている〈 “The Renaissance of Childhood” Project「子ども期の再生」〉を検討する上でも人口から日本の歴史を読み解きたいと思い、以下、「読書ノート」とした。

縄文人の寿命は、20歳台か?

  • p36~43

 今から1万年ほど前、縄文時代になるのだが、日本列島の人口、つまりどれほどの人たちが住んでいたのだろう(※縄文早期8100B.P.推定2万人)。そして、寿命は? 当時の「年平均気温は現在よりも約2度低かったとされる。しかしその頃から気候は温暖化しはじめ、6千年前には現在より1度以上高くなった」
 小林和正が作成した生命表によれば、15歳時余命は、男16.1年・女16.3年とある。31歳頃には死んでしまうということになる。15歳より幼少期では「年少人口の人骨は土壌中で溶解して残存しにく」い。「菱沼従尹(しげかず)は右の生命表に基づいて、出生時余命を男女ともに14.6年と推計している。」
 「男女ともに、現代と比べて死亡年齢が著しく低く、20歳台の死亡がほぼ半数を占めている。50歳まで生存した人は少なく、60歳以上の高齢者はごく稀な存在だったことがわかる。」
 「縄文人の平均余命が狩猟採集民として特別短かったというわけではなさそうである。世界各地の狩猟採集民はほぼ似たようなものであった。自然条件に強く依存する不安定な生活基盤が短命の原因であったと考えられる。」

貧乏人の子だくさん

  • p134(以下、要約)

 「貧乏人の子沢山」──いかにもありそうなことのように思われるが、江戸時代にはその反対の現象が一般的だった。農村では、土地を多く保有する家族ほど完結家族の出生数は多かったのである。〈略〉保有石高(こくだか)5石を境にして、上層4.3人、下層3.6人であるし(鬼頭宏「徳川時代農村の人口再生産構造」『三田学会雑誌』71巻4号)、石高10石以上層の5.9人に対して、10石未満層では3.8人と、2人も差があった(速水融『近世濃尾地方の人口・経済・社会』)。

「1600年頃の寿命はよくてもせいぜい30歳程度であったであろう」

  • p174

 これにはいささかショックを受けた。それで急ぎ調べたところ、京都大学のサイトで関連する研究レポートを見つけた。「日本の飼育チンパンジーの平均寿命を算出」によると、飼育下にあるチンパンジーでは、28.3歳とある。出生後1年未満での死亡は、江戸時代庶民と同様、チンパンジーでも少なくないようで、1歳まで生存した個体の寿命は34.6歳。12歳まで生きのびた個体は40.3歳まで生きたという。これは、江戸時代初期の人たちとほぼ同じといえる。
 江戸時代初期の寿命を調べた典拠は、「宗門人別改帳(しゅうもんにんべつあらためちょう)」や寺院の「過去帳」で、そこには武士・公家、被差別民は除かれていた(p85)ほかにも漏れは多いがここでは省略する。
 閾値(いきち)といえるかどうかは不明だが、ある年齢まで長生きすると長寿となることもあった。それでも、60歳を超えての寿命はわずかであったらしい。

鎖国政策下において、「西欧医学の貢献」「種痘の効果」は瞠目に値する

  • p223

(江戸時代後期において)死亡率の改善は天明期以後、平年率への復帰のかたち(飢饉の影響の終わり)でありえたし、着実な生活水準の上昇、18世紀後半から定着しつつあった西欧医学の貢献、とくに文政期から試みられ、嘉永以後本格的に導入された種痘の効果は期待できるものである。〈略〉ただし、死亡率がただちに改善されることになったとはいえない。とくに寿命の長さに強く影響する乳児死亡は、出生数の増加によって増えたであろうし、都市化によって乳児死亡率は上昇する傾向があった。(※当時、都市は農村と比べて死亡率が高くなる環境であった。平均余命で都市が農村を上回るようになるのは1930年代半ばまで待つことになる)※括弧書きは引用者による。

人口問題と女性解放

  • p235,6(以下、要約)

 出産期間と子ども扶養期間を合わせると江戸時代は約35年もあった。これは、35年の間に子どもを平均5人産み、夫婦のどちらかが死亡するまでの結婚継続期間と等しい。当時は男のほうが女より長寿だったが、一人残される期間は長くなかった。だから、夫婦にとって生涯を子育てにかけているといえる。しかし、1950年以降の現代、子は2人未満が平均となり「長期間にわたるたびたびの出産から解放された女性にこそ、革命的ともいえる影響を与えることになった」
 しかし現代の日本は意識や制度、社会慣行が必ずしも十分にライフ・サイクルの変化に対応して変わっているとはいえない。家庭内の性的役割分担の固定的な観念と結婚、出産、育児に対する社会的支援体制の不備は、家庭外での労働を通して社会参加を続けようという女性に、結婚を躊躇させているようにみえる。女性の著しい晩婚化と、シングル志向の強まりは、そのような旧制度への女性の反乱といえなくもない。〈略〉今後、生涯未婚率が上昇して、少し前まで三百年にわたって日本社会の特徴となっていた皆婚傾向は崩れていくのだろうか。

日本の人口と文明システム

  • p246~275(以下、要約)

 《文明と文化はどうちがうか》(p246)について、「物質文明/精神文化」を便利な考え方と私は捉えていたが「このような区別は適当ではない」と一蹴された。いくつかの文明/文化論が俎上に乗せられ、筆者は梅棹忠夫の論を採用している。こういう前提を立てた上での「文明システム」だ。
 そして、本書の人口論(歴史人口学)では、日本列島は4期の文明システムによって人口の増減(一貫して増加しているので期間比として「減」はないが)があったという。この表だけで理解不能だが、たとえば第3期の期首は14,15世紀とし、第4期の期首は明治以前江戸後期が期首とされている。
 現在(2000年)は、第4期が〈成熟=完了=完結〉しようとしている、としている。本書では文化芸術活動も人口成長と関連づけている。人口問題はとりもなおさず人間活動とイコールで「少子化」など人口問題を論じるときはこうしたマクロな思考が肝要と思う。
 現在、日本の人口は減少の過程にあるが、過去、各期の終端に共通して「人口停滞はそれぞれの文明システムが完成の域に達して、新しい制度や技術発展がないかぎり生産や人口の飛躍的な量的発展が困難になった時代に起きたのである。人口停滞は文明システムの成熟化にともなう現象であった」(p268)
 〈いわゆる「熟年離婚」のように、子供扶養期間終了後の期間が30年にもなった現在、夫婦の役割とその関係も変化して当然、と考える人が増えてもおかしくはない〉(p275)ともいう。

山田利行 2019.10.13記す
▶“The Renaissance of Childhood” Project 子ども期の、再生(ルネサンス)