終活ダイエット

 腰痛の最中、自覚足りずエスカレータに乗ってしまった。乗ったはいいが、さて、降りるのが大変。と、思っている間も上昇する。思考が追いつかない。覚悟しかない。そして、見事転倒した。
 整骨師に相談すると「あなたなら体重を60kg以下にすることですね」と教示を受けた。腰痛は年に二度、三度。「余分な荷物を背負っている」の助言が腑に落ちた。整骨師自身は30kgの減量が必要らしく笑っていた。当時2019年9月で64kgだった。
 密かに誓った。あと4キロ、減らしてみよう。そして、(健康だったはずの)高校時代が57kgだったことを覚えていた。減量を始めて2019年12月末に60kgを達成した。よし、57kgをめざそうと思った。今やらないと次がないと思った。そして、とうとう2020年1月12日、測りのデジタル表示に57.xkgが現れた。嬉しかった。7kg減に4か月かかった。
 ダイエットの目標は〈体重ベース〉でその内容は問わなかった。今(1/26)はせっかく目標に達し、余分な荷物を背負わなくなったのだから、57kg台を維持しながらも、栄養など健康を維持するに必要なことは何かを考えている。

(山田利行 2020.1.26)

「終活ダイエット」と名付ける理由

  1. 長生きしたいわけでなく、健康でありたい。
  2. 幼児や年少者とともに野外活動することが多く、それを続けられる健康と体力を維持したい。
  3. 子育て中など、扶養する家族がいる家庭では、自分勝手な食生活を実践することはむずかしいと思う。そういう背景を考え、「終活」の身ならできそうなことだから「終活ダイエット」とネーミングしてみた。

今……実践中のこと。

  • 57kg台を維持すること。
    • 目覚めて一番に測って、57.xとデジタル表示されること。
    • 就寝中にトイレに行くなどして習慣的に減る量は 500グラム。
      • このことから、就寝前は 58.4kgまでは許容されるが、それでは朝食を制限しながら摂る必要がある。
      • 就寝前、57.9kgであれば、翌朝の食事を十分に摂れる。
直近の、腰痛履歴
  • 繰り返さないために
    • 2019.9.15
    • 2019.1.4
Profile
山田利行1950年生まれ 兵庫県明石市在住紙媒体のペンネーム…檜智仁素(ひち・じんそ)前期終活中終活ダイエット〈智仁素〉>> 思い出話▶ my Facebookmy Opinion ◀my Writing1冊の本があなたを変えるかもしれない──私の場合 ...