帆塾通信 45 : 2020.5.15

きたえる おもいやる ゆずる

<< 前号 次号 >>

=-= Letter 1 ¶ なんとか、がんばりましょう。

 まだ寒かった頃からどこにも出かけられなくなりました。桜はとっくに過ぎ、今はチョウが舞い、トンボが飛び、すっかり暖かく……どころか暑くなりました。それでもマスクをしなければなりません。  日本、全世界、皆が初めて経験することで、個人の事情を超えて、この困難を乗り越えるために「約束」が優先する社会になってしまいました。  こうした緊張状態にありながらも、これ以上に経済をとめては社会が破綻すると、いのちも大事だが、社会が破綻すればいのちやくらしを守れない──そんな空気が先行するようになりました。  同じ意味のことを言いたい。子どもの育ち、教育を閉そく状態に置いたままでは、明るい未来、希望を託せる社会は来ない。すでに子どもにとって貴重な数か月が失われた。これを取り戻すために、なんとかがんばります。がんばりましょう。

=-= Letter 2 ¶ オンライン授業

 先日、保育士養成校で初めてリモート授業を体験しました。担当科目名は「自然と外遊び」なので、ネット中継ではどうにもなりません。でも、やるしかないので、初回はなんとかやってみようと臨みましたが、講義中に実技的なことを示したくなったものの諦めるしかありません。学生と出会ったのも、これが初回でした。授業のコマ数さえ消化すれば単位がとれるとなれば、個人も社会も劣化するしかありません。

保育士養成校 担当科目「自然と外遊び」
 保育士資格(幼稚園教諭免許)は、保育園・幼稚園・認定こども園など乳幼児を対象とする施設、障碍者施設・児童養護施設・乳児院などで働くに必要となる。乳幼児を対象とするため、《遊び》については十分な理解が必要である。「外遊び」と称して、野外活動に特定して《遊び》を扱う。野外...

=-= Letter 3 ¶ 例会を6月28日で予定します

 6月28日(日曜日)実施 雨天予備日7月5日  「東おたふく山登山口」バス停を路・復路の両方で利用するコースにします。集合時間を午前9時頃にし、午後3時頃解散を目安に計画します。暑いさなかなので、川の流れのあるところで弁当にし、ここで折り返します。詳細は次号でご案内します。

=-= Letter 4 ¶ 〈帆塾の心得〉ストラップ

  先月のキーホルダーに続き、ストラップをつくりました。デザインを3種に増やしました。どうして心得(やくそく)にこだわるのか?  「これぐらいしか出来ることがない」というのが、正解かな?  それから、この3種(または任意選択で3個)500円でおわけしようと思います。この売上げ利益を、帆塾の活動資金にしようと企図しました。さて、さばけるかな?というところですが……。
 購入の要領は、代金500円+送料82円=582円を金額相当の切手(額面はなんでも可)です。

=-= Letter 5 ¶ 連載:擬育(育てるは似せること)

得ることで、失うものがある

  • 次の配信は、6月1日(定期配信)を予定しています。
  • 発行人: 山田利行(帆塾主宰)
  • e-mail: yamada-toshiyuki@19san.com
帆塾(はん塾):フィールド型寺子屋
 "寺子屋"は時代錯誤だろうか。武士が闊歩? した時代をイメージするのではなく、子どもがどう育ち、育てられたのだろうか。そのことを第一に考えたい。寺子屋の時代と比較するならば、武士階級だけでなく、農民の暮らしがどうだったのか、そこをしっかり知りたい。  この実践は...

<< 前号 次号 >>