帆塾通信 51 : 2020.8.1

きたえる おもいやる ゆずる

<< 前号

  • 目次(概要)
    • 夏にマスク
    • 帆塾、夏の例会 / 8月23日(日曜日)
    • 連載:擬育 ……子どもの可能性(将来の)を改めて考える

=-= Letter 1 ¶ 夏にマスク

 真冬でも見られない風景を真夏で見るという──現実! 第二波は秋以降と思っていたら、心の準備もまだ出来ていないのに、もう最中にいるようです。9月1日、私は仙台~石巻へ行きます。それも90歳というご高齢のお供で。心構えや個人の対応でどうにかなるものでなく、神仏に祈ってどうにかなるものでなく、まさに時代変遷の渦中にいるという気持ちです。

=-= Letter 2 ¶ 帆塾、夏の例会 / 8月23日(日曜日)

  • 8月23日(日曜日)実施 雨天予備日/なし
  • 芦屋川で、さかなやカニ採り
    • 昨年実行した場所です。
      • 正確に案内できる地名や名称がわかりません。
  • 集合場所 9:30
    • ※暑いので、JR芦屋駅山側に集まり、歩く距離を減らします。
    •  または現地にお越しください。
  • 解散場所 12:00 お昼にかかりますが、ご容赦ください。
    • JR芦屋駅山側までお送りします。現地へのお迎えも可。
  • 現地での活動時間帯 10:00~11:30
  • 目的 暑い最中なので、水遊び的なサカナとりをしたい
  • 帽子・タオルや水筒など、暑さ対策をお願いします。
  • 前回もそうでしたが、ずぶ濡れになる可能性もあります。着替えなど対策をお願いします。
  • ビーチは危ないです。靴のまま川に入ります。

=-= Letter 4 ¶ 連載:擬育(育てるは似せること)

子どもの可能性(将来の)を改めて考える

帆塾(はん塾):フィールド型寺子屋
 "寺子屋"は時代錯誤だろうか。武士が闊歩? した時代をイメージするのではなく、子どもがどう育ち、育てられたのだろうか。そのことを第一に考えたい。寺子屋の時代と比較するならば、武士階級だけでなく、農民の暮らしがどうだったのか、そこをしっかり知りたい。 山田...

<< 前号