帆塾通信 56 : 2020.10.15

子どもの元気は皆の幸せ

<< 前号

  • 目次(概要)
    • 山で出会った石段の道
    • 帆塾例会 / 10月18日(日曜日)※前回既報と同じ
    • 帆塾例会 / 11月8日(日曜日)
    • 帆塾例会 / 12月13日(日曜日)
    • 連載・擬育45:動的平衡と渚と紙飛行機

=-= Letter 1 ¶ 山で出会った石段の道

 森林植物園に隣接する東の谷を歩いていると「階段」に出会った。深い谷だったので、尾根(西六甲ドライブウェイに接続している)に出るには、ずいぶん登らないといけないのだろうなあと心積もりしながら歩いた。途切れることなく階段は続いた。400段まで数えて、まだ先があった。
 石段(階段)の建設にどれだけの汗が流されたのだろう。必要があってこそ建設されたに違いないが、運び込まれた石の数とその重さに想像が及ばない。土に馴染ませているところもあれば、コンクリートを流し込んで石が崩れないようにしているところもある。それらが歳月を経て、山の景色と一体化している。
 初めて歩いたときは肝を冷やしたのだけれど、1週間後にもう一度歩いた。植物園とは周回を為している。周回の所要2時間。石段を築いた労苦を偲んだり、森の生態を楽しんでいると、2回目ということもあり〈みち〉に惹かれる気持ちになった。人生を感じた。一緒に歩く(歩きたい)人、いませんか?

=-= Letter 2 ¶ 帆塾例会 / 10月18日(日曜日)

※前回既報と同じ

9月例会と同じです。参加できなかった初挑戦の方を対象とします。
再度の挑戦をしたい方も遠慮なくご参加ください。
※初挑戦の参加者がいないときは、中止とします。

  • 10月18日(日曜日)実施 雨天予備日なし
  • 集合
    • 阪急バス81系統「芦屋ハイランド」ゆき
    • 阪神芦屋 9:29発に乗車
    • 9:15を目途にバス停にお集まりください。
    • トイレを済ましてお集まりください。
    • 片道こども170円 おとな340円
    • ※バス停の場所は、阪神電車高架の山側です。警察署・税務署前
  • 解散
    • 14:45 阪急芦屋川駅山側 ※電車には乗らず、「解散場所」です。
  • 行程
    • 「東おたふく山登山口」バス停~雨ヶ峠~風吹岩~~会下山遺跡~芦屋市三条町
    • ※バス下車後は芦屋川駅まで、歩きます。
    • 解散は上記のとおりですが、子ども単独参加は、総合公園までお送りします。
  • 目的
    • 体力づくりです。ゆっくり進めるので5歳以上で可。
  • 参加費不要
  • もちもの
    • リュックの重さが重くなりすぎないよう。目安3kgまで。
    • 弁当・水筒(リュックに入れる)・おやつ少々・汗ふきタオル
  • はきもの
    • 靴 ※すべりやすくなったものを避けてください。
  • 服装
    • 天候によっては暑くなります。ゆっくり進めます。
  • 参加申込み/必要
    • 実行前日までにお知らせください。
    • 子ども単独参加は10人まで。

=-= Letter 3 ¶ 帆塾例会 / 11月

六甲山最高峰を目指します。
下見を行い、体力のついてきた幼児・低学年も登攀可能と思いました。

  • 11月8日(日曜日)実施 ※雨天予備日11月15日
  • 集合:阪急バス81系統「芦屋ハイランド」ゆき
    • 阪神芦屋 9:29発に乗車
      • 9:15を目途にバス停にお集まりください。
      • ※トイレを済ましてお集まりください。
      • 往復こども170円×2 おとな340円×2
      • ※バス停の場所は、阪神電車高架の山側です。警察署・税務署前
  • 行程:バス停~土樋割峠~蛇谷北山コース~最高峰12:00前(往復します)~バス停
    • 土樋割峠からの行程半分は少々きつい上り。
    • 十分な余裕時間で、ゆっくり登ります。幼児も歩けます。
  • 帰路:15:08バス停~阪神芦屋バス停15:31 解散
    • ◎解散は上記のとおりですが、子ども単独参加は、総合公園までお送りします。
  • 参加費不要
  • もちもの:リュックの重さが重くなりすぎないよう。目安3kgまで。
    • 弁当・水筒(リュックに入れる)・おやつ少々・汗ふきタオル
  • はきもの:靴 ※すべりやすくなったものを避けてください
  • 服装:天候によっては暑くなって汗をかきます。
  • 参加申込み/必要 実行前日までにお知らせください。
    • 子ども単独参加は10人まで。

=-= Letter 4 ¶ 帆塾例会 / 12月以降

コロナの拡がりを心配していましたが、それの収束はまだまだですが、例会はめげずに出来そうです。

  • 12月13日(日曜日)東須磨駅から天井川へ
    • ジュズダマ採りとやきいもをしようと思います。

=-= Letter 5 ¶ 連載:擬育(育てるは似せること)

動的平衡と渚と紙飛行機

帆塾(はん塾):フィールド型寺子屋
 "寺子屋"は時代錯誤だろうか。武士が闊歩? した時代をイメージするのではなく、子どもがどう育ち、育てられたのだろうか。そのことを第一に考えたい。寺子屋の時代と比較するならば、武士階級だけでなく、農民の暮らしがどうだったのか、そこをしっかり知りたい。 山田...

<< 前号