母に抱かれて人間となる

 この問いを、保育士養成校の学生に私は投げかけている。当初、選択肢は2つで「2」はなかった。学生が「〈声をかける〉も入れたら?」とヒントをもらった。それ以来、3択になった。私がこの設問で問うようになったのは、ドキュメント「ヤノマミ」を観て学んだからだ。

母に抱かれて人間となる 1 ヤノマミ編
 〈ヤノマミ〉とは、彼らの言葉で「人間」という意味だ。彼らはブラジルとベネズエラに跨る深い森に生きる南米の先住民で、人口は推定二万五千人から三万人。「文明化」が著しい先住民にあって、原初から続く伝統や風習を保つ極めて稀な部族だった。(p18)  NHK取材班が、2...

山田利行 2021.1.3更新
▶子育ての確からしさを考える

メモ書き「いのちに出会う保育」
保育士に贈るページ はじめに  野外体験活動保育マニュアルには3つの目的「五感・生命(いのち)・共感」を掲げている。乳幼児が、生活や遊びを通して、あるいは自身の発達において、体験活動にどういう意味(目的)をもたせればよいのだろうと私はずっと考えている。わから...