帆塾通信 62 : 2021.1.11

子どもの元気は皆の幸せ

<< 前号 次号 >>

  • 目次(概要)
    • 3月末まで、例会を休みます
    • 帆塾例会
    • 帆塾 例会・年間モデル
    • 連載《メモ書き「いのちに出会う保育」》
    • 連載・擬育51:〈ふるさと〉と、こころ

=-= Letter 1 ¶ 3月末まで、例会を休みます

 新型コロナウイルスの伝播は凄まじいですね。感染対策がゆるいのでなく「冬だから当然の流行」という一部の医療関係者の見解に私は一票を投じます。政策の失態は、あると思います。それはそれでその姿勢を糺して欲しい。しかし、(従わない人はいつでもいるもので)みなさん耐えてよく協力していると思います。緊急事態宣言が発出されれば、なおのこと私は協力に応じたい(繰り返しますが、政策は、短絡的・泥縄的で阿呆らしくなります)それで、やむを得ず、例会をしばらく休みます。「冬だから……」で、暖かくなるのを待ちましょう。

 でも、みなさんはお勤めがありますね。コロナに関しては〈気をつけて〉とも言えず、気をつけようがないですから、コロナ退散となるようひたすらお祈り申し上げます。(もし罹ってしまったら、観念して労りましょう)

=-= Letter 2 ¶ 帆塾例会

  • 1月17日に予定していた例会を中止します。東おたふく山登山口バス停から最高峰までは距離が短いので、春から夏に再挑戦します。
  • 3月28日の「淡路島花さじき」は実行予定で、この日までは休みます。

=-= Letter 3 ¶ 帆塾 例会・年間モデル

 前回に年間予定をお知らせしましたが、昨年2020年のカレンダーを見ながら記したようで、全部間違っていました。ごめんなさい。正しくは日曜日の実施です。webで確認してください。

帆塾 例会・年間モデル
季節の変化が感じられることその場所、そのとき(季節暦)を選ぶねらいが明確なこと活動の負荷が適切であること 以上、3つの条件を念頭に置いています。 1月……須磨・天井川焼きいも、ジュズダマ、真っ暗体験、ほか2021年は行いません。2022年1月16日(日)予備日1/2...

=-= Letter 4 ¶連載《メモ書き「いのちに出会う保育」》

 「連載」としながら、すべて書き終えました。

メモ書き「いのちに出会う保育」
保育士に贈るページ はじめに  野外体験活動保育マニュアルには3つの目的「五感・生命(いのち)・共感」を掲げている。乳幼児が、生活や遊びを通して、あるいは自身の発達において、体験活動にどういう意味(目的)をもたせればよいのだろうと私はずっと考えている。わから...

=-= Letter 5 ¶ 連載:擬育(育てるは似せること)

〈ふるさと〉と、こころ

帆塾(はん塾):フィールド型寺子屋
 "寺子屋"は時代錯誤だろうか。武士が闊歩? した時代をイメージするのではなく、子どもがどう育ち、育てられたのだろうか。そのことを第一に考えたい。寺子屋の時代と比較するならば、武士階級だけでなく、農民の暮らしがどうだったのか、そこをしっかり知りたい。 山田利行 2...

<< 前号 次号 >>