幼児の、家族連れの、あそび場

こんにちは レイチェル・カーソンは『センス・オブ・ワンダー』で《「知る」ことは「感じる」ことの半分も重要ではない》と記している。子ども、特に幼児を含む家族やグループで「感じる」ことのできるフィールドを集め利用のしかたとともに紹介する。「子ども期の再生」育6・夢7 対応(2018.12.18)


ここでいう「幼児」とは小学3年生未満を指す。
おもに、明石・神戸・芦屋 からのお出かけ基準(家族向き)

夜空〈星〉編
冬(1・2月)の夜空・シリウス……明るく見つけやすい プラネタリウムは楽しいですね。七夕(たなばた)さんの頃に出かけると、昼間見上げる夜空では「夏の大三角形」を解説されることが多いと思います。見つけやすいですが、冬の1月・2月は、もっと見つけやすい星があります。夕方、暗く...
天井川水系・神戸市須磨区
須磨アルプス南山麓  私(山田利行)が初めてここを"発見"したのは、1970年代前半です。須磨アルプス「馬の背」付近から南へ下れば市街地に出ると見当をつけ、この水系に出会いました。急な岩場を下り容易に水系を見つけました。……と、まもなく、次の写真にでくわしたのです。 ...
年中、蝶が飛びかう昆虫館 | 伊丹市
公式ホームページ、伊丹市昆虫館 伊丹市昆虫館、公式リーフレットを以下に構成しました。 虫かごや虫とり網を持って入れませんよ。 写真撮影はできますが、三脚による撮影は禁止です。 チョウをつかむなどして、チョウの羽をいためないようにしよう。 ...
冬の渡り鳥カモたちを、身近に見られるところ
昆陽池 こやいけ(伊丹市) 最寄り駅……阪急伊丹駅、JR伊丹駅 駐車場(公営)あり  神戸新聞(2019.2.8)は、渡り鳥の飛来が40年で10分の1になったと伝えています。伊丹市などの調査によると、ピーク時を1982年とし、10種類5862羽が確認されてい...
5月のむぎ畑
むぎ畑のみのりは地上を黄金に染める。農村の各地で、むぎ畑が増えているようだ。優雅なみのり、自然が織りなす美、こうした景色・景観を子どもに見てほしい。刈り取られたむぎ畑に入ってお弁当食べたり、ヒバリの声を聞きながらその姿を空に探したり、……。(2016.5.13) ...
あわじ花さじき
 入場料も駐車場も無料です。花はもちろんきれいですが、「地球の大きさ・丸さ」を感じられる景観がすばらしい。芝生や空地も多く、歩き始めた乳児も散歩できます。わざと設計したのか、急傾斜もあり、5歳児クラスではエネルギーを発散したくなる子も出てくるでしょう。(2019.4.4...
森林植物園
>> 神戸市立森林植物園ホームページ 総面積142.6haの広大な植物園です。といっても、すみずみまで一日で歩けません。主要なコースはベビーカー(貸し出しあり)でも散策できます。冬季は少々寒いですが、ぽかぽか日和りの日を選べば、静かな大自然気分を味わえます。神戸・三...

お役に立ちそうだったら……