自然体験や遊びでの危険を回避するには

要点
  1. 「不快」と「危険」の区別をする。
  2. 事故は複数の原因があわさって起きる。
  3. 「こわい」を強要しない。励ますことがケガにつながる。
  4. 行動中の体力回復は早くみえても、翌朝に熱を出しやすい。
  5. 熟知した上で、危険を恐れず。
「不快」と「危険」の区別をする。

「子どものときは平気だったけれど、今は無理!」という大人は少なくない。たとえば、カエル、ミミズ等々。女性、男性を問わない。多くの子どもは水遊びや泥遊びは好きだが、しかし、濡れることをいやがったり、土が少し手についただけで払おうとする子どももいる。部屋に1ぴきのハエがいてうるさく感じたり、蚊に刺されてかゆい思いをする。これらは「不快」なことであって「危険」ではない。

レンゲ畑にすわる

咲き誇ったレンゲ畑は美しい。レンゲ畑は、もとは田んぼだから湿気てることが多く、乾いていても長くすわっているとお尻あたりが湿ったり冷たくなる。新聞紙やダンボール、レジャーシートなどを敷くことで快適になる。気にならない人は、もちろん何も敷かなくてよい。

ミツバチ群

ところで、レンゲ畑には、ミツバチもたくさんやって来ている。注意深く観察すると、すわっている身のまわりにミツバチがたくさんいることに気づくでしょう。「れんげはちみつ」は高級品だ。気づいてからコワガルか、危険ではないと知ってそのままにしておくか──。

事故は複数の原因があわさって起きる。

事故を起こさないように、と誰もが気をつかう。それでも事故は起きる。右側に注意すれば、左側の監視がおろそかになる。前に注意を払えば、後ろがおろそかになる。注意力はいつも同じように働かない。野外で活動していると、軽微なケガはどうしても起きる。そう、大きな事故を起こさないようにすればよいわけだ。

こけた事故の原因は、事故が発生してからそのあとでわかる。軽いケガでよかったと気を抜かず、軽いうちに、事例ごとになぜ発生したのか、どの注意が足りなかったのか、その検証が将来の大きな事故を防ぐことになる。

ケガや事故は、注意していても必ず起きる。事故は、複数の原因があわさって起きるからだ。軽いケガをたくさん経験して大きな事故を防ごう。

  • 夢中になって遊んでいる子には、もっと遊ばせたいという気持ちが保育者にわく。子どもに体力のあるあいだは、つまずいてこけても手でからだを支えることができる。しかし、午後から、特に夕方にかけて疲れてくる。疲れてくると顔面や頭部を打撲するなどして大きなケガに結びつく。したがって、「遊びをやめる」タイミングを経験で覚えることが大切だ。「もう少し遊びたい」と望んでも、潔く切り上げ、気分を転換させよう。
「こわい」を強要しない。励ますことがケガにつながる。

「おばけ屋敷」のようなゲームも含めて、幼児には、こわい体験をさせる意味がない。楽しいはずの自然体験も、たった一度の「こわい」体験で、もう近づこうとしなくなる。

  • 子どもはコワイと感じると、からだをまるめたり、頭や顔を守る。しかし、無理にやらせたり、過度な目標を意識させると、自分でからだを守れない。したがって、「励まして」やらせることは必ずしも適切でない。ケガを誘うだけでなく、ほめてもらうことが目的で行動するようになる。ほめてもらおうと「頭を使う」ようになると、からだを固くさせてしまい、からだのバランスをくずしやすくなる。頭を使ってしまい、まるくなったり、頭や顔を守ることが遅れる。
  • 指導者は、こういう誤りをよくする。たとえば、10人の子どもがいて、9人の子どもが目標にたどりついたとする。残ったあとひとりを、みんなで励まそうと子どもに呼びかけ、落ちこぼれない配慮をしようとする。仮にこれが成功したとしても、見られることやほめられることを助長し自尊心を傷つけることになりかねない。
行動中の体力回復は早くみえても、翌朝に熱を出しやすい。

日射しの強い夏、遊んでも道を歩いても、汗をかきながらも、意欲的な子どもは驚くほど疲れを見せないことがある。木陰で小休止をとっても、子どもの回復は早い。そのため、調子にのって過剰に行動させると、翌日、熱を出すことがある。子どものペースだけで判断してはいけない。

熟知した上で、危険を恐れず。

池の端

こわいことは、しない・させない。危険なことは避ける。そんなあたりまえのことを守ることで、大きな事故は防げる。その逆で、子どもの要求(「もっと遊びたい!」など)を聞き入れてしまったり、子どもの発達や体力を理解せずして指導することで、それが事故を招く。子どもは自身の心のなかで、みずから目標をもつものだ。つまり、日頃の子どもに対する観察力が安全を担保することになる。そして、子どもは自然のなかで、たくましく育つ。


外部リンク