Book Boat

千冊万来 書名50音順 Book Boatとは?
11 総記・人物 12 こどもの本 YA
21 ことばと表現 22 歴史
31 自然 32 暮らし 33 現代社会

加藤周一『読書術』……「読まない」を決める
岩波現代文庫 2000年  汗牛充棟──「かんぎゅうじゅうとう」と読む。蔵書が多い様子を表す。 「牛に積めば牛が汗をかき、家に入れれば棟にとどくほど」(p98) これだけたくさんの本を、「集める人はいるでしょう。しかし、それほどたくさんの本を読む人は少ないでしょう。蔵書...
確からしさループ
解説(一例) 情報を、◎受け入れるか ×拒否するか。「拒否」すると、それっきりで関係なくなる。受容で進む方向に「個人」がある。つまり、人それぞれ各人の判断による。図は、二次元で表現しているが、重層的に捉えることが可能。故人つまり過去、歴史上の人物などを仮想できる。...

my Writing

1冊の本があなたを変えるかもしれない──私の場合

  • 読了2019.6 ヘネシー『変化球男子』
    • ジェンダーに目覚める
  • 読了2006.10 いせひでこ『ルリユールおじさん』
  • 読了2005.10 なだいなだ『TN君の伝記』
  • 読了1994 朝日新聞社『地域からの世界史』の全巻(21冊)
    • 〈地球・世界〉を概観することになった
  • 読了1971頃 本多勝一『事実とは何か』
  • 中高生の頃……沢瀉久敬『「自分で考える」ということ』(角川文庫 1963)
    • デカルトの「コギト・エルゴ・スム」を知る。
  • 1960,61年頃……雑誌の付録だろう、〈探偵手帳〉を愛用していた。
  • 1959年……子ども向け〈理科事典〉を自由勉強として、かなりのページを画用紙に書き写した。
  • 1959年(9歳)永井誠一・永井茅乃『長崎の鐘はほほえむ』
    • 読めない漢字に振り仮名を書きこんで読んでいた
  • 1956年、1年生の頃だろうか、赤い表紙?の《アンデルセン童話集》を買ってもらっていて、「おもちゃの兵隊」「みにくいアヒルの子」「マッチ売りの少女」を繰り返し読んだ記憶がある。
    • 本を、買ってもらう・読んでもらうという習慣はなかったように思う。
  • 1955年?5歳の頃だと思うが……トラがまわっているうちにバターになった、そんな話がおもしろいと思ったのはいつの頃だろう?

お役に立ちそうだったら……