保育(子育て)の公理

こんにちは地球上、人類であれば、文明・貧富を超えて、あるいは過去、人類の歴史においても、保育(子育て)に必要なことでは共通するものがあるのではないか。保育(子育て)は産み育てる側で使用する概念だが、地上に生まれた子ども自身に視点を移せば、彼らにとって、少なくとも新生児の為すことは、人類であれば同じと考えてよいのではないか。


>> 保育指導計画モデルの構成

保育(子育て)の公理

  1. 生命の維持
    新生児が生命を維持するには「食べる(授乳)・寝る・体温を保つ」の3つをすべて必要とする。
  2. 保護の必要
    新生児は保護される環境を必要とする。その「保護」とは、前項の「生命の維持」に加え、静穏な環境の確保、排泄介助、事故防止、誘拐からの保護を含む。
  3. 順序どおりに発育する
    新生児および乳幼児の発育は一定の順序どおりに進む。
  • この公理は3項目からなるが、個別に成立するのでなく、3項目セットで1つの公理とする。

 なぜ、「公理」というなじみにくい用語をつかうのか?

あかちゃん

出産は、本来、母子にとって危険な行為である。そして、幸いにも子どもが誕生し、育てる決意をすれば、次は「子育て」が待っている。

「子育て」は、むずかしいものであろうか、そうではないだろう。多産多死という人類の軌跡に学ぶことはあるが、子どもが死ななくなって、少産少死になってしまうと、子育ての何が大事なのか、そういう原理がわからなくなってしまった。原理を確認しないままに子育てや保育を進めようとするから、望むように進まないとき、保育(子育て)をむずかしいと思ってしまうのではないだろうか。

それで、考える起点を確認するための方法として「公理」を立ててみた。


「公理」とは?

公理は主に数学で論理を証明するために使われる。証明するために必要な公理だが、前提とするその公理は「正しい」ものと仮定される。

たとえば、細長い板を平らな面に固定するとき、釘を1本打てば、その釘を中心に板は回転する。釘をあと1本打つと、板切れは固定される。これは、2つの点を結べば、直線がひけるという公理の応用になる。


付記1

本田和子(ほんだ・ますこ)『子ども100年のエポック』(2000年、フレーベル館)に多くを学んだ。感謝をもって本書をお勧めする。

付記2

(以下は、この公理の反証となりうる。仁志田博司『新生児学入門 第3版』p137)

 奇行で有名な中世ドイツのフリードリッヒ大王は、子供がどのようにして言葉を覚えるか
を知るため、乳児の捨て子を集め、全員に暖かい部屋、暖かい衣服、暖かい食事を与える
が、1つのグループの児には言葉をかけず(ということは、物のように扱う)、もう一方の
グループの児には、言葉をかける(ということは、母親のようにやさしく接する)ように養
育し、それらの2つのグループを何年間か観察した。当然のことながら、前者のグループの
子供たちは言葉を全く話さなかったが、なんとそれだけではなく、全員数年以内に死亡した
のである。このことは、小さな子供にとってやさしさは、暖かい衣服や食べ物以上に生きる
ために必要であることを示している。

(終) 山田利行

  • 改訂履歴
    • 2017.8.28 「付記1・2」を加えた。
    • 2017.6.1 公理の説明について工夫した。
    • 2016.5.15 初稿(「公理の3項目」を提案してみる)