乃南アサ、の場合 ── 九歳の旅立ち 事例1

乃南アサ 1960年生まれ 小説家

背表紙を眺める / 随筆

( 乃南は幼少時、両親と一緒に寝ていた。枕元に積み上げられていた両親の本の背表紙を眺めていた )


布団に入ってから眠りにつくまで、それらの本の背表紙を眺めるのが習慣になっていた。

-略-

「眺める」ものだった本を初めて手にしたのは、小学四年生の時だった。

-略-

その時に、母が初めて、緑色の文学全集の中から一冊を選んでくれたのだった。

-略-

母が手渡してくれたのは『ジェーン・エア』だった。

-略-

それが、私が「大人の本」を読んだ最初だったと思う。


  • 出典 / 『日本の名随筆 別巻67』 作品社 1996年発行
  • 作品収録元 / DO BOOK 1993年2月号
「九歳の旅立ち」を命名する
 子どもの発達は、直線的ではなく、階段状に進む。ゆっくり徐々にではなく、ある日突然、きのうまで出来なかったことが、ふと出来るような気がして実現する。「こども」が「おとな」になるときも、きっとそうだ。この変化に追いつけないのは、むしろ「おとな」だろう。(2017.4.15...

山田利行 2017.4.15抄録