保育士養成校 担当科目「自然と外遊び」

講義概要 syllabus

保育の重要要素《遊び》について、実践的な演習を行い、理解を深める。

山田利行(講師 / 神戸こども総合専門学院)


  • 道なき道を進む学生たち

全15回の講義

  1. 野外活動で危険を回避するには…「危険」と「不快」を区別しよう
  2. 野外活動で遭遇する動物の危険… 蚊に刺されないためには、どうすればよいか
  3. いつからおとな?──で、遊びを考える… あかちゃんは冒険者として生まれた
  4. 母に抱かれて人間となる… ヤノマミ編、そして、ノンバーバル編
  5. 寝転ぶだけの授業…「なにもしない」ということの意味
  6. 行動半径と世界観… 未知(道)との遭遇。Stage of 野外活動
  7. ちょっとした探険ごっこ… 道なき道を歩く
  8. 五感と直観と霊性…「感じる」ことは大切だが、むずかしい
  9. 《3つの体験》& ハートスケール… 今日の続きに明日がある
  10. The Renaissance of Childhood…「子ども期」の再生
  11. はじめて出会う〈ともだち〉自然… 子どもは正答を求めていない
  12. 野外でご飯をたく… 火をつかう。子どもに楽しみをつくる技術
  13. 家族連れの遊び場・おでかけ… 家庭や保育で実践できるフィールド
  14. 子どもの発達に必要な要素を12の漢字で表現… 指導計画について
  15. 定期試験、そして「子育ての公理」

テキストについて

保育士養成校 担当科目「自然と外遊び」
講義概要 syllabus 保育の重要要素《遊び》について、実践的な演習を行い、理解を深める。 山田利行(講師 / 神戸こども総合専門学院) 全15回の講義 野外活動で危険を回避するには…「危険」と「不快」を区別しよう野外活動で遭遇す...
こちらで、予習・復習が可能です。必要に応じて、プリントを配布します。


山田利行 2020.1.11改訂
2017.9.1記す
▶子育ての確からしさを考える