「正しい」を疑う

 「だまされたい」と思う者はいないだろう。だまされぬように用心する。どんなふうに?
 だまされない処し方は、だまされてみることが最も確かな方法ではないか。だまされないよう身構えるのでなく、「まず信用しよう。この人にならだまされてもかまわない。」そういう信頼関係をつくりあげようとする心・実践が先行してもよいのでは──と、考える。リスクの少ないときから、信頼関係を築く訓練が必要だろう。

山田利行 2019.2.13
▶my Opinion

確からしさループ
 自分では納得していても、あるいは到達したような感慨があっても、「果たして、確かなのだろうか?」と自問自答すること、いつもだ。反論や疑問をいただくと、かえって課題がみえてくる。だから、確証的な表現をなるだけ避けている。《子育ての確からしさ》というのは、そういう思いから、...

「知ってる?」の問いは、嘘の体験を誘発する。

「正しい」というおかしさ。幼児に「正解」は無用。

  • 「王さまの耳はロバの耳」
    • 床屋は決して他言しないことを王に誓ったが、どうしても口に出したくてたまらない。
  • 《りんご2つ+みかん3つ》課題
    • 「こたえは一つ」とは限らない
  • 書き順 vs. 筆順
    • 筆順は書き順ともいう。むしろ書き順というほうが、これからの日本語としては望ましい。貝塚茂樹ら編『角川漢和中辞典』
  • 伊丹万作「戦争責任者の問題」1946年
    • 私はさらに進んで、「だまされるということ自体がすでに一つの悪である」ことを主張したいのである。(伊丹万作)
  • Franck Pavloff : Matin brun 『茶色の朝』
  • 安野光雅『ふしぎなえ』福音館書店 1971年(月刊絵本「こどものとも」1968年)
    • 錯覚を絵画表現にしているとわかっていても不思議
  • 魯迅(1925年)賢人と馬鹿と奴隷
  • 星の使者
  • 米本和広『洗脳の楽園 ヤマギシ会という悲劇』『カルトの子』
  • 斎藤貴男『カルト資本主義』
  • 『文化現象としての癒し 民間医療の現在』
  • A.ビアス『新編 悪魔の辞典』岩波書店 1983年
    • 記念碑……記念する必要がないか、あるいは記念することが不可能なものを、あえて記念しようとする意図から建てられる建造物。
    • 頭の体操を行うにはよいテキストになるが、実際のところ解釈がむずかしいことと、ビアスの生涯(1842-1913)と時代背景を併せて考慮すると、こういう”見方”もあった、ということになるだろうか。
    • アンブローズ・ビアス……アメリカのジャーナリスト
唱歌「ちょうちょう」と桜
ちょうちょう ちょうちょう 菜の葉にとまれ菜の葉にあいたら 桜にとまれ桜の花の 花から花へとまれよ遊べ 遊べよとまれ(出典: Wikipedia) 桜の花に、ちょうは飛んでくるのかな? 明石公園に近い明石川では、ちょうは飛んでいます。しかし、公園の桜に、ちょうをみかけませ...
言葉について
 「ご存知ですか?」と問いかけてくる表記。これに私が返したくなる言葉は、《「ご存知」は、もと「ご存じ」だということを、ゴゾンジデスカ?》 ただし、「ご存じ」が "正しく"、「ご存知」が間違い、と私は考えない。正しさを押しつけることのほうに抵抗を感じるから。 山田利...
『ポケット詩集』童話屋
── 以下、「まえがき」(編者 田中和雄による)を、全文を掲載します。 子どもたち、詩を読みなさい。 とびきり上等のいい詩を読みなさい。いい詩というのは、詩人が自分の思いをどこまでも深く掘りさげて普遍(ほんとうのこと)にまで届いた詩のことです。詩人の仕事は、生きる歓...